日曜日の競馬

小倉2歳S

モズスーパーフレアの前走時計は優秀。揉まれたときどうか、は特に考えず能力評価で本命視。相手はヴァイザー。ノヴェリスト参加だが初戦の内容からはスプリント色強め。ノーザン系だが、ここを取りに来ていると思う。この二頭のワイド。

2017レパードS追い切り

エピカリス

南W。海外遠征を脚元の不安のために回避して以来なのに1倍台の人気ということを考えると手を出しづらい。ただ、動きを見る限りは何も問題はなさそう。太め残りもなく力を出せそうなデキだとは思うが。。。

 

アディラート

栗坂。使い詰めに加えての2ハロン延長で基本的に上昇は望めないローテ。しかしながら、動きは抜群にイイ。脚の返りが特に素晴らしく、デキの良さが伝わってくる。繰り返すが、延長とローテは厳しい。

 

タガノディグオ

栗坂。やや押さえて楽に好タイム。強調できる点は見つからないが、悪くはない及第点の評価。左手前に替えてからの方が良く見えたので、左回りはどうだろうか。脚質も新潟向きではない分、取りこぼしは考えられる。

 

 

2017ラジオNIKKEI賞追い切り

サトノクロニクル

CW併せ。この馬のデキは維持できていそうだが、池江厩舎の他馬はもっと良く見せる。つまりは大したことない動き。

 

クリアザトラック

栗芝併せ。完全に折り合い重視の内容。1ハロンだけ動かしたが特に強調点を見いだせず。

 

セダブリランテス

南W併せ。全身を使ったファームで見栄えする。瞬発力タイプではなさそうで、この条件は向きそう。抜群の評価にはできないが、ある程度は評価して良さそう。

 

 

2017宝塚記念追い切り

水曜日の栗東は極悪馬場。時計動きともに抜群の馬などいるわけもなく、非常に難しい。

 

キタサンブラック

CW。頭が高く可動域も広く見せない。これはいつものことなので全くマイナス材料ではないのだが、なぜこの馬がこれほどまでに強いかが調教の動きからは窺い知ることができない。悔しいが。

 

シュヴァルグラン

栗坂。CWでやると思っていたが馬場を考慮した?昨秋あたりから調教での動きタイムが良化し成績も伴っていたのだが、今回は1週前を見てもそこまでの動きには見えなかった。当初はキタサンとの2頭軸を考えていたが断念。少し評価を下げる。

 

シャケトラ

CW。及第点。ただ、もっと良く見せる馬ではある。

 

ミッキークイーン

CW。当週追いでは手前を替えず。それが気になるもデキ自体はよさそう。1週前は時計だけ見れば素晴らしかったが、映像ではあまり首が使えていないように見えたのがどうか。

 

ミッキーロケット

栗坂。時計だけでいえばこの馬か。2週前から坂路でキッチリ。ただ荒れ馬場の当週はしょうがないにして、1週前の動きからも迫力は感じなかった。

 

ゴールドアクター

南W。適性的には絶好の舞台であるのだが、全盛期の動きとは程遠い。輸送があるとテンションが上がるため当週攻めきれない。結果余裕残しというのを何度も見てきた。

 

サトノクラウン

南W。攻めかけしないので判断がいつも難しい。個人的に良くは見えなかった。昨年の宝塚記念では夏負けの兆候を見せていたように夏の暑さに弱い馬。重馬場が得意というだけで本命にしては痛い目に合う。

土曜日の競馬

阪神11R 天保山S

コウエイエンブレムを信頼。3連単1着流し。相手は人気ところ+サウススターマン。

 

東京11R ジューンS

トーセンマタコイヤ-ヴォージュ、スモークフリー

日曜日の競馬

マーメイドS
ノーザンファーム馬が中心。間隔は空いたものの坂路で動いたアースライズ、放牧明けでこその馬トーセンビクトリー、立て直し効果見込めるビッシュの3頭BOX。

 

エプソムC
東京芝は上がり性能に特化した馬に有利な馬場。アストラエンブレムとダッシングブレイズから。

2017エプソムCほか追い切り

アストラエンブレム

美坂3頭併せの真ん中。実質的な最終追いは済ませた後での追い切り。美坂でこのラップ・この動きは物足りないとしか言いようがない。本追い切りでもないので正直なんともいえない。土曜日の動きが見たかった。

 

ヒストリカル

栗坂併せ。序盤はガチャガチャしつつも勢いはあった。そこから脚色が明らかに鈍っての遅れだったのはアレ。

 

クラリティスカイ

CW3頭併せの外先行。可もなく不可もなく→脚色鈍ったか?という感じ。重賞で人気になる馬の調教ではないと感じたが。

 

タイセイサミット

栗坂併せ。最後までしっかりと走れた。以上。

 

ビッシュ

美坂併せ。映像が短い!動きは普通。小柄な牝馬で一度崩れたあとだけに。。。外厩でどこまでリフレッシュされたか。復活かどうか動きからは窺い知れなかった。