2017京王杯SC追い切り

サトノアラジン

内併せで終いを伸ばす池江式とは違い、外併せ。直線左手前に替えたところで馬が嫌がる。そこから右手前に戻った途端にグッと反応。馬が左回りで走りたがっている。

それにしても池江泰寿厩舎の重賞級ディープ産駒は皆いいフットワークをする。この動き、この形が今の競馬の模範なのだろう。