2017日本ダービー追い切り

アドミラブル

栗東坂路。若干のグラつきはあったが、最後まで力強い脚捌きで駆け抜けたことは好感。前走時に"次を見据えた仕上げ"と師が言っていたように攻めは強化。潜在的な疲労は垣間見れなかったが、こればかりは走って見ない限りは分からない。

 

アルアイン

CW4F。よくある池江厩舎の調整パターン。そこまで良い動きを見せるタイプではないので、これくらいで前走と同じデキにはあると思われる。いちおう皐月賞の最終追いは6Fだったことには留意。

 

サトノアーサー

CW4F。当週は軽め目立たずも、1週前の動きが素晴らしかった。体の使い方はG1級で間違いない。新エクイロックス塗布は気になるものの動きからは読み取れず。問題は折り合いと馬場傾向だろう。

 

ペルシアンナイト

当週映像なし。残念ながらまともな当週追いの映像は見られず。皐月賞の反動のためにセーブされた2週前から一変した1週前の動きが絶品。四肢の可動域が広く、とてもマイラーには見えない。(池江厩舎の馬は大抵そうなのだが)

 

スワーヴリチャード

左回りでこその馬なのでね。

 

レイデオロ

ソエ不安のために長休明けだった皐月賞と比較すると攻め強化が歴然。状態面に関しては右肩上がりと判断してよい。ただ、前肢にノビがあるフォームではないため、東京コースでさらにパフォーマンスを上げるかについては個人的には疑問。