2017ラジオNIKKEI賞追い切り

サトノクロニクル

CW併せ。この馬のデキは維持できていそうだが、池江厩舎の他馬はもっと良く見せる。つまりは大したことない動き。

 

クリアザトラック

栗芝併せ。完全に折り合い重視の内容。1ハロンだけ動かしたが特に強調点を見いだせず。

 

セダブリランテス

南W併せ。全身を使ったファームで見栄えする。瞬発力タイプではなさそうで、この条件は向きそう。抜群の評価にはできないが、ある程度は評価して良さそう。